シースリー 全身脱毛

シースリーのどこでも予約の特徴と使い方について

 

芸能人の会員も多くいると噂の脱毛サロンのシースリーは、高級感漂うリラックスした空間が特徴の人気のサロンです。

 

そんなシースリーは実は予約システムが整っているとしても有名、独自のシステムで多くの人の予約が取れない問題を解決しました。

 

その予約システムとはどこでも予約、一体どんな内容なのか興味深いですね。

 

気になるシースリーのどこでも予約について、その全貌を明らかにしましょう。

 

 

シースリーのどこでも予約とは何か?

どこでも予約は、シースリーが独自に開発したオンライン予約システムです。

 

インターネットで24時間受付OK、さらに全国どこの店舗でも利用できる優れものです。

 

詳しい内容について、もう少し掘り下げてみましょう。

 

 

インターネットから24時間受付可能

シースリーのどこでも予約は、インターネットから行う独自の予約システムです。

 

そのメリットは24時間いつでも受付ができる点です。

 

店頭やコールセンターでの営業時間はおおむね12時~21時と決まっています。

 

この時間帯は仕事をしている人が多く、電話をかける時間を取るのが難しいです。

 

しかしどこでも予約があればいつでもOK、オンライン受付なので営業時間も関係ありません

 

朝起きた時や自宅に帰ってきたとき、通勤の時でも使えて大変便利です。

 

 

全国の店舗の予約ができる

どこでも予約が便利なのは時間的な制約がないだけでなく、場所についても選べるフレキシビリティがあります。

 

シースリーでは会員は全国すべての店舗で利用可能、しかも料金もサービス内容も同じです。

 

これがあれば予約が取れる確率がさらにアップします。

 

予約が取りにくい店舗の特徴は都心やショッピングモールなど、アクセスがよくて人が集まりやすいところに集中します。

 

反対に比較的取りやすいのは郊外店や開店間もない店、特にオープンしたての店舗はまだ知名度も少ないのでチャンスです。

 

さらに旅先でも使えるのが便利、水着を着たり温泉に入る機会があるのでその前にすっきりきれいになれて、旅の疲れも癒せてしまいますね。

 

 

コールセンターへの電話の予約も可能

もしどこでも予約がシステム障害などで使えない時は電話予約でも大丈夫、シースリーでは店頭またはコールセンターでの予約も受け付けています。

 

店舗に電話するには、公式サイトの店舗一覧より、行きたい店の詳細情報をクリックすると掲載されています。

 

公式サイト内のトップページの中にある、お店を探すをクリックします。

 

全国のマップの下に店舗一覧があり、行きたい店の詳細情報を選択すると、各店舗の電話番号が載っています。

 

携帯からだとリンクが貼られていることもあるので、タップするだけですぐにかけられます。

 

お店につながらない時はコールセンターの予約専用ダイヤルがあります。

 

フリーコールで0800-888-4315、12時~21時まで受付可能ですが、毎週水曜日と第2火曜日は定休日です。

 

電話の場合は営業時間、定休日があるので、その点だけは注意しましょう。

 

 

どこでも予約の使い方とは?

どこでも予約を使うためには、事前申請をして登録する必要があります。

 

利用方法の手順と注意点をまとめています。

 

 

手順①;会員ページで申請のボタンをクリック

どこでも予約にはネットからの事前申請が必要、その方法をまとめました。

 

まず公式サイトにアクセスし、タイトルの下にある会員の皆様へをクリックします。

 

その中にあるどこでも予約申請を選択し、申請フォーマットに入力し、送信します。

 

なお、申請をしている時によくあるトラブルに、ログインできないということがあります。

 

うまくログインできない時には、2つの原因が考えられます。

 

最も多いのが、入力した会員番号やパスワードが間違っていることです。

 

大文字小文字の区別、記号やスペースキーが混ざっている場合はそれに注意しながら正確に入力しましょう。

 

それでもうまくいかない場合は、パスワードが間違っている場合も考えられます。

 

初期のパスワードは事前申請後に返信されたメールに書いてあり、入力ミス予防のためにはできるだけコピーペーストしましょう。

 

その方法でもうまくいかない時は、パスワードの再設定をします。

 

パスワードを忘れた方はこちらをクリックし新しいものを入力、またはコールセンターに連絡しても登録情報をリセットしてくれます。

 

その他の原因にはメンテナンスやシステム障害がある場合です。

 

確認するにはどこでも予約のページの中に障害情報、またはメンテナンスの情報が載っています。

 

そこでも確認できない場合は一時的なアクセス集中が発生している可能性もあるので、少し時間を置いてから再アクセスしてみましょう。

 

それでもなおダメな場合時は、相談・問い合わせフォームにて連絡してみましょう。

 

 

手順②:必要事項を書いて利用申請をする

どこでも予約のフォーマットを開いたら必要事項を記入しましょう。

 

氏名、フリガナ、会員番号、契約店舗、連絡先の番号とアドレスを入力します。

 

送信後登録完了メールが返信されますが、この時点ではまだ使えません。

 

以下、利用申請についての注意点についてもまとめていますが、ポイントはメール受信を確実に、そして早めの登録が大切ということです。

 

 

ドメイン指定を忘れずに!

申請した後にメールが届いていないというトラブルがよくありますが、その場合はメール設定の再確認をしてみましょう。

 

メールの不着の原因の多くはドメインで弾かれてしまう、または迷惑メールフォルダに入っていて気付かなかったというケースです。

 

使っている携帯会社によっては受信フィルター機能が強化され、パソコンからのメールが拒否されていることもあります。

 

シースリーからくるメールのドメインは@c-3-esthe.com、これを受信できるドメインとして指定しましょう。

 

ドメインの他には、迷惑メールとして認識されていたという場合もあります。

 

gmailなどは迷惑メール振り分け機能が強いので、その傾向が特に見られます。

 

迷惑メールではないように設定を変えるには、まずフォルダを覗いてみて、解除するメールを選びます。

 

ボックス内の迷惑メールを解除をクリックすると、次回からは通常の受信フォルダに入るようになります。

 

 

利用できるまでに2~3週間はかかる

どこでも予約の中には、かよエールというキャンセル待ち通知機能があります

 

空きが出るとすぐにアラートしてくれるという大変便利な機能なので、活用しない手はありません。

 

どこでも予約に登録した後、さらにかよエールの受信設定をしますが申請後すぐに使えるわけではないので注意しましょう。

 

かよエールは全国の店舗に会員情報をリンクさせるため、システム構築上2週間程度はかかってしまいます。

 

それまでの間に予約をしたい場合は店舗またはコールセンターへの電話予約を使います。

 

ただし初回契約時は、契約してから8日間は予約ができないので注意しましょう。

 

その理由はクーリングオフの制度が8日間の期間あるため、少しでも早く取りたい場合は9日目に電話してみましょう。

 

 

予約をスムーズにする方法

シースリーは予約が取りにくいと言われてきましたが、それは3つのコツを押さえずにやみくもに連絡するからです。

 

スムーズな予約のために知っておきたい3つのポイントは、予約開放日、エリアと時間、だめなら電話です。

 

3つの予約必勝法の具体的な方法を覚えてしまえば、予約取れない問題から解放されます。

 

 

コツは3つある(シースリー 予約 取れないの内部リンク)

まず予約可能日について、シースリーでは予約可能日というものが決まっています。

 

そのタイミングは施術3か月後から、例えば4月15日にした場合の次回予約受付可能日は7月15日以降です。

 

これが1日ずれると予約可能日もスライドしてずれていきます。

 

上の具体例を逆算して考えると、次回予約を7月16日にしたい場合、予約が取れるようになるのが前回施術日は4月16日以降であることです。

 

ちなみにシースリーのネット予約は、前は毎月1日に2か月先以降の予約可能日が開放されていました。

 

しかしその時は毎月1日になるとアクセスが集中し過ぎて、しょっちゅうシステム障害を起こしていました。

 

今では1人の会員の施術日に合わせて各自で予約開放日が違うので、アクセスが分散しシステムダウンはぐっと改善されています。

 

それにプラスオンで、かよエールにも必ず登録するようにします。

 

かよエールで登録できる希望の日時と場所はそれぞれ3つまでです。

 

その内容を、第1希望としてお気に入りの店と時間、第2希望で少し妥協したもの、第3希望で予約が取れやすい条件でと分類させます。

 

これがあれば急なキャンセルができたときにアラートしてくれるので、希望した日時になる確率が大幅にアップします。

 

予約日の3日前から直前までと、かなりギリギリになるまで伝わるので大きいです。

 

 

 

次に日時と場所、さらに開始時期選びについても慎重に検討することです。

 

予約が取れやすいかどうかは、時間帯とエリアの特徴にもある共通点があります。

 

予約が最も取りにくい曜日は土日祝日、やはり会社や学校が休みの人が多くなるからですね。

 

その他には時間帯にも注目、平日であっても夜間は仕事帰りに寄る人も少なくないので取りにくい傾向があります。

 

それを避けた平日の昼間は比較的ゆったりしているのでねらい目です。

 

場所選びについては、アクセスの良い便利なところは避けた方が無難です。

 

駅近、オフィス街やショッピングエリア、大型ショッピングモール内の店舗は仕事や買い物のついでに寄りやすいので、人気が集中します。

 

反対に駅から少し遠い場所の郊外は、そこまで人が集中しませんので予約も空きがある可能性は上がります。

 

さらにおすすめなのは新規オープンしたばかりの店、なぜなら情報がまだそれほど拡散していないからです。

 

もし身近なところに新しくできた店があれば要チェック、情報をつかんだらいち早く予約してゲットしましょう。

 

そして開始する季節も選ぶこと、春になると夏に向けて脱毛する人が増え始めるので、一足先どりしてまだ寒い時期がチャンスです。

 

 

 

3つ目のコツは、ネットがどうしてもつながらない時には、電話予約に切り替えることも必要です。

 

インターネット予約は24時間いつでも受け付けられて便利です。

 

しかし時にはシステム障害や定期メンテナンスなどで使えなくなることもあります。

 

特に障害が起こった場合は、トラブル解決のためにメンテナンス時間がかかってしまい、いつ終わるのか見通しが立たないこともあります。

 

また、予約時にログインしたり入力するなど、少し手間があるのもネット予約のデメリットです。

 

そんな時にはいち早く電話予約に切り替えるのが、おすすめです。

 

電話をする場所は各店舗またはコールセンターのどちらかです。

 

はじめに予約を希望する店頭に電話をかけ、それで空きがなければ他の店の状況をコールセンターに確認してみます。

 

電話連絡のメリットは、話がダイレクトに伝わるのでスムーズ、またその場で確認ができるのでスピーディーな一面もあります。

 

シースリーの予約についての口コミを見ても、ネットがつながらない時に電話をしたところすぐに取れたという声もあるくらいです。

 

営業時間が限られているといった面でどうしてもネットよりも劣っているように見える電話ですが、実はこんなに優れた部分もあるのですね。

 

 

まとめ

シースリーのどこでも予約は、24時間いつでも予約受付が可能なインターネット予約システムです。

 

そのメリットは全国どこの店舗でも予約ができて、さらにキャンセル通知機能かよエールまでついています

 

かよエールがすごいのは最短で直前のキャンセルまでメール通知してくれるところ、わざわざ確認しなくていいので大変手軽です。

 

どこでも予約を使うためには、会員ページでフォーマットにアクセスし、必要事項を記入して送信するだけです。

 

注意点はメールを確実に受け取れるようにドメイン指定を忘れないこと、システム構築の関係で2~3週間程度時間がかかることです。

 

予約をスムーズに取るには時間と場所、季節を選ぶこと、おすすめなのは秋冬の時期から始め、平日の昼間を狙っていくと比較的スムーズに取れます。

 

そしてどこでも予約を大いに活用すれば、予約が取れなくてイライラしちゃうということも少なくなりますね。