シースリー 全身脱毛

シースリーと銀座カラーの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

 

おしゃれだけではなく身だしなみを意識する人の数は年々右肩上がり、そんな中で今需要が集まっているのが脱毛サロンです。

 

しかし数ある脱毛サロンの中で、どこの店を選べばいいのか迷ってしまう人は少なくありませんね。

 

そんな迷えるサロン選びの参考として人気の2大サロン、シースリーと銀座カラーをピックアップしました。

 

料金、効果、痛み、予約、スタッフの質に至るまで、人気店の情報を徹底比較してみました。

 

 

シースリーVS銀座カラー、料金が安いのはどっち?

サロン選び一番の決め手となるのがやはり料金、数十万単位の出費になるので、少しでも安い方に越したことはありませんね。

 

ちなみにシースリー、銀座カラー、いずれのサロンも全身脱毛専門で部分脱毛は扱っていないので注意しましょう。

 

両サロンの全身脱毛料金プランを、細かく価格比較してみましょう。

 

はじめにシースリーから、シースリーの脱毛コースは回数制と通い放題の2種類、さらに回数制は6回、10回、13回と3つに分かれています

 

そしてさらに、全てのプランがAからDまでとまた4つに分かれます。

 

その選び方は、1回または4回で完了するか、顔とVIOがどちらも入っているかいないか、で分けられます。

 

1回で完了するプランは、プランAが顔とVIO込み、Bが顔またはVIOのどちらかになります。

 

4回で完了するプランは、プランCが顔とVIO込み、Dが顔またはVIOのどちらかです。

 

プランAが最も料金が高く、プランDが最も安く、BとCについては回数によって料金の差があったり同額であったりします。

 

対する銀座カラーのコースにも、回数制と脱毛し放題の2種類があり、回数制はさらに6回と12回の2つです

 

料金は税別で、6回コースが99,000円、12回コースが195,000円、脱毛し放題が389,000円です。

 

似ているもの同士を並べると、シースリーでは6回プランAが174,074円、13回が268,519円、通い放題が382,400円です。

 

金額だけを見た限り、単純比較では回数制はシースリーの方が70,000円程度高く、通い放題ではほとんど変わりません。

 

価格の差がある決め手は、無料シェービングにありました。

 

銀座カラーでできるシェービングの部位は襟足、背中、ヒップ、Oラインの4か所でその他の部分についてはありません。

 

一方シースリーでは4か所の他、手の届かない範囲や狭い範囲であればOKです。

 

シェービングは脱毛仕上げにもかかってくるので大切な要素です。

 

一部の店舗の格安プランには実はシェービング料金が有料になるというカラクリがあるくらいです。

 

実際に自己処理をするのも意外に時間がかかるので、サロンで無料シェービングがどこまでできるのかは大きいです。

 

 

シースリーVS銀座カラー、脱毛効果があるのはどっち?

脱毛効果を左右するのがサロンで使われている器具、会社によってそれぞれ異なり、ユーザーの需要や脱毛スタイルに合わせて独自開発されています。

 

まずはシースリーの器具から、C3-GTRという名前を持つこの器具の大きな特徴は、日本人の肌と毛質を考えて設計されている点です。

 

サロンの脱毛器具の多くは海外製なので、日本人の肌質だけに合わせて作られているものはほとんどありません。

 

また、機械の生産を一貫して日本国内で行っているので、安全面では大きな信頼があります。

 

そしてもう一つの大きな特徴が施術の速さ、その所要時間は最短45分と業界最速レベルです。

 

従来のように部位ごとに分けて照射していたのを、肌の上をスライドさせるだけで脱毛できることを可能にしました。

 

さらに毛周期に影響を受けないからいつでも効果が変わらない点も魅力、完了の目安は平均的に12回くらいから、元々毛の薄い人であれば6回くらいで済みます。

 

一方、銀座カラーで使用されているのはIPL形式の脱毛器具です。

 

IPLのメカニズムは器具に光を当てると、皮膚や毛根にあるメラニン色素に反応し熱変換され、その熱で毛母細胞の発毛機能を抑制します。

 

これは美容クリニックで使うレーザーと原理上は同じですが、医療脱毛ほど出力が強くないため、痛みをかなり抑えられます。

 

1回の施術時間は最短で60分ですが、以前は180分だったのが大幅に短縮されました。

 

効果が見られ始めるのは1か月に1回ペースの施術で最短6回、長くても1年くらいで毛質の改善など変化が見られます

 

この結果を見る限りでは脱毛器具の性質が少し違うので、どちらが優れているかは一概に決められません。

 

強いて言えば、スピーディーで確実なツルツル肌を狙うならシースリー、効率的に早くすべすべになりたいなら銀座カラーがおすすめです。

 

なお、サロン脱毛は医療脱毛とは違い、永久脱毛の効果を期待するのは難しいです。

 

その理由は出力の高い器具が使えないから、本当の永久脱毛に必要な高出力のレーザー器具は医療行為になるためサロンでは使用を認められていません。

 

とは言っても、痛みが少なく肌に優しい脱毛ができるのはサロンの大きなメリットです。

 

永久脱毛に近いすべすべ肌を作るには、続けて通うことが一番なのはどこでも同じです。

 

 

シースリーVS銀座カラー、予約がとりやすいのはどっち?

予約が取れるかどうかは脱毛効果だけでなく、店の評判にも繋がってくる大切な要素です。

 

どんなに質の良い技術があっても、適切なタイミングで施術できなければせっかくの効果も半減してしまいます。

 

予約の取りやすさの決め手になるのは、施術の所要時間、営業時間、店舗数、そして予約システムです。

 

店舗数が多いほど空き時間確保の確率が高く、1回当たりの所要時間が短いほど回転が速い、営業時間が長いほど枠が多くなるチャンスです。

 

そこに予約システムの使い勝手が、大きく左右します。

 

まずシースリーの予約事情について、シースリーの店舗数は57店舗、施術時間45分、営業時間は12時から21時までです。

 

注目すべき点は予約システム、シースリーでは他店には無いキャンセル待ち通知システムを設定しています。

 

その名も今カラ・かよエール、通称かよエールと呼ばれ会員の間では親しまれています。

 

かよエールは公式サイトで予約を希望する日にち、時間と店舗を3つまで登録し、その中でキャンセルが出るとメールでお知らせする仕組みです。

 

そのタイミングは3日前から当日までとかなり直前になっても通知されます。

 

このシステムの便利なところは、会社がメールで教えてくれるので自分で確認しなくて良い点です。

 

サロン側が伝えてくれるシステムがあるのは、シースリーだけです。

 

次に銀座カラーの予約状況について、銀座カラーの店舗数は52店舗、施術時間60分、営業時間は同じく12時から21時です。

 

初回のみ契約店舗での施術ですが2回目以降は好きな場所を選べて、さらにほとんどの店舗が駅近とアクセスしやすい場所にあります。

 

予約の方法は24時間可能なネット予約の他、コールセンター、店頭での次回予約の3つがあります。

 

シースリーと同じく、オンラインでいつでも好きな時に予約できますが、キャンセル待ちについては自分で確認しなければなりません。

 

以上、所要時間、営業時間、店舗数などサロンのハード面での比較ではどちらも大差ありません。

 

ただしかよエールが持つ、キャンセルを直前まで通知してくれるシステムが他にないため、予約の取りやすさではシースリーに軍配が上がります。

 

 

シースリーVS銀座カラー、痛みが少ないのはどっち?

痛くない脱毛は理想ですが、脱毛器具は光を熱変換して細胞にダメージを与える方法なので、肌に多少の刺激があるのは止むを得ません。

 

使用する器具はそれぞれ、また施術するエステティシャンもみな違うので、痛みの感じ方も人によって変わります。

 

痛みの有無もまたサロン選びに大きな決め手になるのは事実、痛いのが理由で店を乗り換える人も少なくないし、毎回痛いのを我慢するのもつらいですね。

 

より痛みが少ないのはどちらなのか、その秘密を脱毛器具の性質から分析してみました。

 

シースリーの脱毛器具C3-GTRは、日本人に最適な設計で、安全面とスピードが評判です。

 

痛みについては、公式サイトではゴムで弾く程度の刺激は感じる可能性はあると書かれています。

 

シースリーでは施術前には部位ごとに冷却ジェルを塗ってから照射することで、より刺激を抑えて痛みを防ぐ対策を取っています。

 

銀座カラーの脱毛器具はIPL方式を採用、脱毛効果が高く、どんな毛質や肌質にも合いやすいのが特徴です。

 

多くの脱毛サロンではこのIPL方式が主流なくらいなので、痛みもほとんどないとは言われています。

 

ただ実際には多少の刺激は止むを得ず、痛みに不安があったり弱いと思っている人には強く感じてしまうこともあります。

 

銀座カラーでも照射前にジェルを塗り、肌を冷やすことで痛みへの感覚を軽くする方法をとっています。

 

このように、単純に器具だけを比較すると、銀座カラーの器具の方が少し痛みが出やすい傾向はあります。

 

しかし感じ方には個人差があり、また同じ人でも体調や精神状態によって感じるときとそうでない時があります。

 

一般的に、痛みの出やすい部分には特徴があります。

 

皮膚が薄くて柔らかく敏感肌寄り、毛が太く濃い、肌の色が濃い、骨の近い、このような条件がある場所ほど強く感じます。

 

具体的な部位として最も多いのがVIO、次いでワキ、手の甲、脚の甲、肘下、ひざ下などが挙げられます。

 

どうしても我慢できないときは迷わずスタッフに伝えると、出力を抑えるなどで対応してくれます。

 

 

シースリーVS銀座カラー、店員の対応が良いのはどっち?

最後に店の顔ともいえるスタッフの質について、脱毛サロンに限らず店員の質はその店の質と言っても言い過ぎではないくらいです。

 

特に脱毛サロン特有にありがちなのは、人によってバラつきがある、基本的な接客マナー、そして強引な勧誘などがクレームになりやすいです。

 

毎回気持ちのよい脱毛ができるためにも、人的要素についてもあえて比べてみました。

 

はじめにシースリーについて、実はシースリーは社員教育に熱心であることで評判です。

 

口コミでよく見られるのは、勧誘しない、てきぱきしている、安心感があるなど、平たく言えば大人らしいビジネス的な対応の声が多いです。

 

シースリーではシースリー脱毛学校という研修制度があり、そこでしっかりと学び、試験まで課されるほどです。

 

試験に受からなければシースリーで働くことはできないため、今いる店員はふるいにかけられて生き残った優秀な人たちです。

 

高級感漂う店内の雰囲気もさることながら、それに相応しい人が働いているのもうなずけますね。

 

対する銀座カラーのスタッフ事情について、銀座カラーは社員への福利厚生が手厚いことに定評があります。

 

働いている店員からは、研修制度が充実し定期的に開催されているので、いつも勉強ができる恵まれた環境といった声もあります。

 

また産休育休制度もあるため人が定着しやすく、いつも安心して働ける環境作りに努力されています。

 

スタッフにとって環境はとても大切、働いている本人の表情が生き生きしていると、自然に丁寧な接客や技術が身についてくるものです。

 

さらに銀座カラーの社長は女性なので、このようにきめ細かい対応が可能な点も分かりますね。

 

あまり知られていないサロン従業員の質について、あえて掘り下げてみたところ、どちらも勝敗がつけがたい結果となりました。

 

以前よくあった悪名高き勧誘行為についても、今ではどのサロンでも店員のノルマを廃止しているため、前よりずっと減ってきました。

 

特徴をあえて挙げるとすれば、定員教育が徹底しているのがシースリー、充実の福利厚生で余裕のある接客ができるのが銀座カラーと言えますね。

 

 

まとめ【結局どちらがおすすめ?】

シースリーと銀座カラー、2大人気サロンを、料金から効果、予約などに至るまでみんなが気になる情報を徹底比較してきました。

 

結果がはっきり出たのは、料金が安いのは銀座カラー、予約が取りやすいのはシースリーでした。

 

それぞれの強みは、銀座カラーは3種類のシンプルで分かりやすい料金プラン、シースリーはキャンセル通知してくれる業界唯一の予約システムを持っていることです。

 

しかしその他の点、脱毛効果、痛み、店員の質についてはどちらも甲乙つけがたい結果となりました。

 

もしおすすめをするならば、早くて確実に脱毛したい人はシースリー、安くて手軽に脱毛したい人は銀座カラーと言えるでしょう。